日頃の行いが悪いのは私?主人?

 いつも買い物に行くスーパーにはたいていイワシが置いてあります。
私は子供の散歩がてら毎日のように近所のスーパーに訪れるのですが、見かけない日は殆ど無いくらいの割合でイワシが置いてあるのです。

 ある日、主人がいつもより早く帰宅したので、車でお出かけに連れて行ってもらいました。

 車の中であれこれと会話を交わす中、今夜の晩御飯は何にしようという話題になり、主人がイワシの天ぷらが食べたいと言いました。

 せっかくだし、普段行かないお店をあちらこちらと連れて行ってもらう事に。

 一つ目のお店で、イワシを発見。
しかし、少し割高。
ここでは結局購入しませんでした。

 次のお店でも、イワシは売られていました。
しかし、鮮度が少し悪そう。
なので、ここでもイワシは購入しませんでした。

 『どうせだから、最後にいつものお店へ寄ってちょうだい』と、主人にお願いをしました。

 ドライブとショッピングも楽しんだ終盤、いつものお店へ寄ってもらい、鮮魚コーナーへ向かいました。
そこで私は愕然!!いつも並んでいるイワシ達の姿はそこには無く、イカがズラリと並んでいるのです。

 横にいた主人はがっくりと肩を落とし、『イワシの天ぷらはもう諦めるから、何でも良いから早く帰ってご飯食べよう。
お腹空いたよ』と私に呟きました。

 あれ程いつもはたくさん並んでいるイワシ達なのに、今日に限ってないなんて。
常日頃の行いの悪さなのか、つくづく運のなさを痛感した日になりました。

紅葉を見に近所へお出かけ

段々、寒くなりますね。

今日は、紅葉がそろそろ見ごろなので、近くにある湖の公園までお出かけです。

自転車で10分ほど走れば、もう公園の敷地です。

公園の中は、自転車は押します。

堤防の上は、とても寒いですが、絶好の紅葉スポットなんです。

今日も平日なのに、お散歩やカメラを覗いている方がいます。

私も、一緒に、眺めます。

今年はまだ紅葉しきれてないようで、少し、例年より遅いみたいです。

隣の知らないおじさんと少しお話しして、また自転車を押します。

湖の周りには、自転車道路が整備されていて、一周は約1時間ぐらいです。
私はこの道路をのんびり走るのが好きです。

最近は自転車の事故も多いので、歩行者やランナーには気を付けて走ります。

やっぱり、下り坂だと30キロぐらいは出てしまうので、注意するに限ります。

一周したら、お気に入りの店で、ランチです。

湖のほとりにあるイタリアンで、意外に美味しいです。
ペペロンチーノが絶品です。

今日は、ゆったり気分なので、プレミアムランチをオーダーしました。

サラダとパンとミニスープの前菜、ハーフサイズのパスタ、肉か魚のメイン、コーヒーで1400円は安いです。
デザート付は1700円です。

今日のパスタはキャベツとアンチョビ、メインはいとより鯛のソテーでした。

一人で贅沢気分で、大満足でした。

カロリーを消費して帰ります。

懐かしいソング~

一時期ですが、懐かしのフォークソングにハマっていた時代があります。

その発端となったのが、かぐや姫の「神田川」でした。
南こうせつのルックスや人柄もすごく好きです。

この曲は当時の銭湯とか、赤提灯だとか70年代の風景がイメージできます。
また物悲しい曲調がなぜか好感もてました。

同じくらいの曲ですが「学生街の喫茶店」この曲を聴くと、昔ながらの喫茶店に入りたくなります。

しかも作曲家が、すぎやまこういちです。
私達の世代ではドラゴンクエストのオーケストラ担当の方で有名です。

また、イルカの「なごり雪」この曲は、中学生の頃に始めて知りました。
今の若者もカバー曲の影響なのかそこそこ認知度も高いと思います。

神田川とかと同じで雪のかすかに降る様子とか、寂しそうな様子とか光景が浮かんできます。

帰って来たヨッパライ!もありましたね。
あの高い声はなんなんだろうとか、コントみたいやなあとかそんなイメージのフォークソングでした。

青葉城恋唄~なぜか6月くらいの青葉の香る季節、晴れ渡った空のしたの渓流をイメージする音楽です!
こんな感じでフォークとはイメージしやすい懐かしの曲、癒しのメロディだと私は思いました。
アヤナスASクリーム

なばなの里

約1年ぶりになばなの里に行ってきました。
前回訪れたのは、今年の3月の終わりごろ、イルミネーションのイベントが終わる直前でした。

今の彼氏と付き合ったばかりの初めての遠出デートだったと思います。
初々しいカップルでした。
平日にも関わらず、多くの人がイルミネーションを楽しんでいました。
私たちも光のトンネルをくぐったり、富士山が写し出される大きなイルミネーションを見たりして、楽しみました。

私は、写真を撮ったり撮られたりするのが苦手で、ケータイのフォルダにはあまり写真が入っていません。
写真で撮るよりも、今この瞬間をこの目に焼き付けよう、と思うのです。
しかし、そんなことを言っても、写真がないというのもさみしいなぁ、という気持ちもあります。

ということで、そのときは2人で写真を撮りました。

その写真を最近見返して、またこの場所で同じ人と写真を撮れたらいいな、と思い、その思いを彼に伝えました。
彼も、同じことを思ってくれて、再び同じ場所へ行くことができました。

季節ごとのイベントでは、また来年も一緒にいたいと思うことがよくあると思います。
そのときは何気なく思ったり、言ったりしたことでも、本当に1年後、叶ったとき、何気ないことが特別なんだな、と感じることができると思いました。

また来年も一緒に行きます。
ティファール クリプソ

手作りグミ。

4歳の息子は、まだ幼稚園に行っておらず、毎日私と一緒にいます。
買い物に行けばカートやかごを持って手伝いを進んでしてくれ、いつも感謝しています。

息子がyou tubeで子供用のチャンネルを見ている時に、同じ歳ぐらいの子供がグミを作っている番組を見て、興味を持ったらしく、『僕もグミを作りたい』と言ってきました。

自分から何かをしたいと思えるようになった事に感心しつつ、まずは一緒に作ってみる事にしました。

100%のジュース、砂糖、ゼラチン、蜂蜜、材料はこれだけです。

後は息子と一緒に材料を計り、ジュースとゼラチンをレンジに入れます。
加熱した物は熱い事を教え、息子は気をつけてレンジから出していました。
残りの材料を混ぜ、冷蔵庫に入れて冷やします。

1時間ほど固まるまで息子は待ちきれず何度も冷蔵庫をチェックしに行っていたのがかわいらしかったです。

出来上がりにも満足していました。

男の子ですが、徐々に料理も教えていこうと思いました。

芋ほりに行ってきました

まだまだ秋とは言えませんが芋ほりに行ってきました。
今年はお天気がいまいちだったのか芋が細長い物ばかりでした。
これではあまり取れないかなと思いきや数はたくさん取れました。
土をよく落として2,3日干して甘みが出たところで早速調理開始です。
まずは天ぷらを作りました。
残りは圧力鍋で蒸しました。
そのままで食べる物は置いておいて残りは皮をむき裏ごしと1?角とに分けました。
裏ごししたものはプリン、芋羊羹、スイートポテトにしました。
プリンは基本のプリン生地に裏ごししたサツマイモを適当な量を混ぜるだけです。
芋羊羹は砂糖を少し加えて温めた牛乳に寒天を溶かしそこへサツマイモを適量入れて冷やすだけです。
スイートポテトも卵、砂糖、牛乳、バターを加えて形を整えトースターで焼くだけです。
角切りはホームベーカリーのケーキ機能を使いサツマイモのケーキになりました。
ケーキはナッツも加えたので濃厚なパウンドケーキになりました。
ついつい面白くてたくさん作りすぎたので近所の実家にもおすそ分けをしました。
夜はサツマイモづくしとなりました。
きのこご飯も作ったので食卓が秋一色となりました。
簡単に作ったヘルシーなおやつは数日分ありそうです。
スイートポテトを食べていたら栗ひろいもしたくなりました。

因果応報とは本当にあった

昔、中学時代の恩師が言っていた話です。

私が中学生だった頃、その当時担任だった先生がこんなことを言っていたんですね。

「私の父は病気で亡くなったのだが、父が死ぬ間際まで言っていた言葉がある」と。
それを皆に伝えたいとのこと。
何でも恩師の父親が言った言葉は「人の悪口を言うことは空に向かってツバを吐いている事と同じことだ」と言うこと。
みなさん、試しに空に向かってツバを吐いてみてください。
自分に返ってくると思います。
これがまさに「因果応報」です。
そして私はその事を小さな出来事ですが身を持って体験することになりました。

昼間に自転車に乗り家に帰る際に友人に最近、郵便局に行った時の店員の手際の悪さに愚痴をこぼしていました。
友人も軽く聞き流し対して興味を示していなかったのですが、私がふとよそ見をすると、電器店の店に置いてあった置物にぶつかってしまい、自転車がパンクしてしまう出来事がおきました。
本当に小さな出来事なのですが、「因果応報」を身を持って体験してみました。
みなさんも人の悪口を聞いても、同意せずに私の恩師の父の様に「人の悪口を言うことは空に向かってツバを吐いているのと同じこと」だと言ってください。
人の悪口を言う、悪い行いをする事に対しての報復は必ず自分自身に帰ってきますから。

土用の丑の日。

土用の丑の日にはウナギを食べるという風習がありますが、実は私、この日が好きではありません。
というのも、私、ウナギが苦手だからです。

ウナギが苦手というのは、もちろん、食物として苦手ということです。
あの見た目が嫌いとか、ヌルヌルしたのが嫌いとか、そういうことではありません。

子どもの頃、この土用の丑の日には、無理矢理ウナギを食べさせられていました。
いまにして思うと、なんとも贅沢な話ではあるのですが、高価なはずのウナギを無理に食べていたのです。

ウナギがなんで苦手なのかは、自分でもよくわかりません。
でもウナギとかアナゴとか、そういったものが全般苦手です。

もちろん、今年の土用の丑の日も、私はウナギを食べていません。
ウナギを食べないと夏バテすると言われ、無理に食べて気分が悪くなっていた子どもの頃のようなことは、二度としたくないと心から思うのです。

台風だぁああ。

最近台風くるのが…というか、日本に上陸するのが早くなってきてますよね~。
今年も夏本番だけど、そんなに暑い日が続いてませんし…。

今回もまた台風ちかづてきてるようで…。

そんな中、妹にせがまれ子供たちと一緒に大雨の中を車を走らせ某イベント会館であっているお化け屋敷に連れて行ってあげました…。

でかけるときは雨強くなかったんだけど、車走らせてたらすごいすごい…。

どうする~?なんて話ながら、結局行きましたよ。

でも、着いたら雨が弱くなってきてくれて、妹と子供たちを入り口付近で先におろして駐車場に車をとめ、私は傘をさして歩いていきました。

団体さんが一つ来てたけど、天気が悪いせいか少なくて並ばずに入れました。

私は下の子供2人が怖がって入りたがらなかったので外で待ってましたが、あと次男も外で。
妹と長男は楽しんでこれたようで良かったです。

まだ夏休みいっぱいはあってるということなんで、終わり頃に甥っ子たちも連れてまた行こうかなと思ってます。

久々に夜更かし

元々、私は夜更かし人間で夜行性です。
独身時代は開発部門に配属されてずっとそこで働いており、そこには同期は高卒大卒限らず男子の多い場所でした。
なので、行くぞ!的な感覚で飲み会や仲間で飲みに行く事はしょっちゅうでした。
そんな感じで過ごしていたので午前様な事は割とありました。
家にいる日も結構夜遅くまで色々と楽しんでいました。
月日が流れて、現在は1児の母親です。
さすがに年齢の事もありますが子供の相手と仕事等に疲れて気が付けば横たわって寝ている事ばかりになりました。
今日は久々に夜更かしをしています。
Youtubeを何気なく眺めていたらK-POPのアーティストのPVにたどり着きました。
私は音楽は好きですが、流行りもの、まして若いアーティストは子供にしかみえない状況です。
しかし、今日は衝撃を受けました。
何ともかっこいい!ダンスの歌のうまさ。
オーラをうまく使って自分をアピールする術を仕込まれている感じです。
徹底されていますね。
そんな彼らのPVをずっと観ていたら気が付いたら真夜中になってしまいました。
ああもっと若かったら昔みたいにライヴばかり行って熱く盛り上がっているのになあと昔を思い出して感慨に浸ってしまいました。
これからはきっと娘も大きくなれば、誰がカッコいいとかライブを観に行ったりするのかな?時は流れているんですね。