紅葉を見に近所へお出かけ

段々、寒くなりますね。

今日は、紅葉がそろそろ見ごろなので、近くにある湖の公園までお出かけです。

自転車で10分ほど走れば、もう公園の敷地です。

公園の中は、自転車は押します。

堤防の上は、とても寒いですが、絶好の紅葉スポットなんです。

今日も平日なのに、お散歩やカメラを覗いている方がいます。

私も、一緒に、眺めます。

今年はまだ紅葉しきれてないようで、少し、例年より遅いみたいです。

隣の知らないおじさんと少しお話しして、また自転車を押します。

湖の周りには、自転車道路が整備されていて、一周は約1時間ぐらいです。
私はこの道路をのんびり走るのが好きです。

最近は自転車の事故も多いので、歩行者やランナーには気を付けて走ります。

やっぱり、下り坂だと30キロぐらいは出てしまうので、注意するに限ります。

一周したら、お気に入りの店で、ランチです。

湖のほとりにあるイタリアンで、意外に美味しいです。
ペペロンチーノが絶品です。

今日は、ゆったり気分なので、プレミアムランチをオーダーしました。

サラダとパンとミニスープの前菜、ハーフサイズのパスタ、肉か魚のメイン、コーヒーで1400円は安いです。
デザート付は1700円です。

今日のパスタはキャベツとアンチョビ、メインはいとより鯛のソテーでした。

一人で贅沢気分で、大満足でした。

カロリーを消費して帰ります。

懐かしいソング~

一時期ですが、懐かしのフォークソングにハマっていた時代があります。

その発端となったのが、かぐや姫の「神田川」でした。
南こうせつのルックスや人柄もすごく好きです。

この曲は当時の銭湯とか、赤提灯だとか70年代の風景がイメージできます。
また物悲しい曲調がなぜか好感もてました。

同じくらいの曲ですが「学生街の喫茶店」この曲を聴くと、昔ながらの喫茶店に入りたくなります。

しかも作曲家が、すぎやまこういちです。
私達の世代ではドラゴンクエストのオーケストラ担当の方で有名です。

また、イルカの「なごり雪」この曲は、中学生の頃に始めて知りました。
今の若者もカバー曲の影響なのかそこそこ認知度も高いと思います。

神田川とかと同じで雪のかすかに降る様子とか、寂しそうな様子とか光景が浮かんできます。

帰って来たヨッパライ!もありましたね。
あの高い声はなんなんだろうとか、コントみたいやなあとかそんなイメージのフォークソングでした。

青葉城恋唄~なぜか6月くらいの青葉の香る季節、晴れ渡った空のしたの渓流をイメージする音楽です!
こんな感じでフォークとはイメージしやすい懐かしの曲、癒しのメロディだと私は思いました。
アヤナスASクリーム